OM-D E-M1 and PEN E-P1ブログ どじょうニョロニョロ(第二部)
   どじょうです。オリンパスOM-D E-M1やPEN E-P1で撮影した、野良猫写真を中心(?)としたサイトです。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

どじょう神

Author:どじょう神
「どじょう」改め「どじょう神」です。
ドジョウじゃないよ、どじょうだよ。

※リンクフリーです。
 基本的にはオリンパスOM-D E-M1でRAW撮影し、SilkypixでRAW現像しています。
 本当はネコ写真をメインとしたいのですが、なかなかそうもいかず。。。
 旧サイトは
  http://2.suk2.tok2.com/user/dojohana/
 ですのでこちらもよろしくお願いします。

このカレンダー、誰んだー・・

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

広告コーナー!

アフィリエイト・SEO対策
FC2ブログランキング

リメンバーしまね


写真素材 PIXTA


女子カメラストラップ・カメラバッグのお店 ミーナ[mina]


月別アーカイブ

 赤3枚
ここにきてまさかの風邪悪化@どじょうです。

悪化、 あっか、 赤・・・・・赤!!


というわけで悪化記念の赤メイン写真3枚です。


[赤3枚]の続きを読む
スポンサーサイト
| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/21(日) 23:22)

 M-1予想、はずれちゃったなあ。。。
志村けんが産み出したキャラ、「変なおじさん」って、よくよく考えたら非常に深いキャラのような気がする@どじょうです。
まず名前が深い。まるで不審者だらけの今の日本を予測したかのような、絶妙なネーミング。
今後、このキャラについては調査グループを立ち上げ、色々研究する予定です(ウソ)。


私が最初に触ったパソコンって、何だったのか覚えていないのですが、時期は小学生の頃でした。
当時は「マイコン」という言葉で呼ばれていましたが、超簡単な本を買って、当時主流だった「BASIC」をちょこっと勉強し、LINE文やCIRCLE文などの文法を覚えて(どうしてメモに書いていかなかったのだろうかと、我ながら情けないのですが(^^;))、弟と近所のスーパーの電気売り場に行って、覚えた手のコマンドを入力して、線や円が画面に上手く表示されたら興奮していました。

パソコン、持ってもいないのに、毎月雑誌を買っていたので、N88BASICなどのほかに「ぴゅう太」の日本語BASICなどもある程度勉強?していました。

で、最初に入手した「パソコンっぽいもの」「ファミリーベーシック」でした。
最初の頃は、雑誌に掲載されているプログラムを、弟と2人で、一人がプログラムを読み上げ、一人がそれを聞いて打ち込む、なんてことをやっていました。
#そういう入り方をしたため、私は業界人なのにブラインドタッチが出来ません(TT)。
 相当カッコ悪いです。

そのうちファミベーでプログラミングもはじめたのですが、あれ、特殊なんですよね(^^;)。
他のPCには無い「スプライト機能」があって、まあいわゆるレイヤー機能で、1枚のレイヤーに1つのキャラ(マリオなどが用意されていました)を割り当て、使う、と。ちなみに同一ライン上(横)には4つまでしかキャラを配置できない(5つ以上になると点滅する)こともあって、ドラクエ4では「馬車システム」が採用されていましたね。
あと徳間書店が移植した「エグゼド・エグゼス」なんかはその点滅を「敵のフラッシュ攻撃だ!」なんて無理やりな説明していましたね(^^;)。

で、普通のPCでキャラを動かそうと思ったら、「今表示している場所から消す→移動先の場所に表示する」という処理を自分で組まなければいけませんが、ファミベの場合は座標指定するだけでOKでしたし、今思うと恐ろしいことに(?)、確か「move」とかってコマンドだったと思うのですが、出発位置、移動方向、速度、移動距離などのパラメータを指定して実行すると、バックグラウンド処理で、そのキャラが指示通りに動いてくれるんですよね。あと衝突判定のコマンドもあったような。。。

またスクロール機能も(本来はファミベのコマンドでは用意されていませんが)、特定のメモリアドレスをPEEK、POKE、call関数でいじることで実現できたり。。。。
容量が少なすぎる(後に発売されたファミリーベーシック専用カセットV3で、倍になったメモリ容量が「4KB」。ちなみにこのブログの黄色い飛行機のタイトル画像が約「63KB」)ので非常に辛かったのですが、逆にメモリ容量さえあればかなり良いゲームを作れたような気がします。


その次に入手したのが「MSX2」でした。たしか我が家にあったのは松下の機種だったような気が。。。。
これは後でFM音源パックやFDDを購入したりと充実させていったのですが、弟がEPSONが出していたPC-98互換機を購入してからは使わなくなってしまいました。

MSX2も確かスプライト機能があったような気がしますが、主に私がやっていたのは、

・ゲーム音楽のプログラミング
 →まず「Z」「X」「C」・・を押すと「ド」「レ」「ミ」・・と音が鳴るプログラムを作り、それで
  演奏(?)し、耳コピで一応楽譜っぽいものも書いて(音楽経験0)、それをプログラミングしていました。
  マニアですね、はい。

・ゲームキャラ(ドット絵)の作成
 →超簡単なエディタを作り、当時(プレイしたことも現物を見たこともなかった)「パックランド」のキャラなどを作っていました。
  一応、セーブやロード機能もありで(それが無いエディタなんて意味ないですね(^^;))。

ぐらいでした。

で、弟のPC(確か私が大学3回生ぐらいのときに入手)は、4回生の時、ゼミで専攻していた「フラクタル幾何学」での図形描画に役立たせてもらいました。
当時、PCを触れる人間も、フラクタルを専攻している人間もほとんどまわりにいなかったので、果たして私のやっていたことが正しかったのかどうか非常に怪しいのですが(^^;)。


ところでその頃、パソコンをネットにつなぐというのは、「音響カプラーを使って、パソコン通信に・・」を意味しており、相当なマニアしか踏み込めない領域でした。
私がはじめてパソコン通信に手を出したのは、社会人になって何年か経ってから、でしたから。

その頃、「データベース」なんてのがありがたがられており、今では信じられませんが、例えば「あの歌手のあの曲、なんて曲だっけ?」なんてのを調べたいと思ったら、データベース検索料として1回10円とか徴収されていたんですよね。しかも得られる情報なんてテキスト1、2行程度のもの。
今ならちょっと検索すれば、恐ろしい質・量の情報を無料で得ることが出来るのに。。。

時代の移り変わりははやいものです・・・・


・・・・・って、ここまではただの前置き、というかどうでもいい話(いや、この後の文章もどうでもいい話ですが)。


実際に付き合うとかというのは別として(当たり前!)、女性芸能人の好みのタイプって、年々かわりますよね。
私の場合、10年前は「常盤貴子」がBEST3に入っていたのですが、今ではBEST100にも入らなくなりました。
私のBLOGにたまに「ハセキョー」の名が出ますが、彼女はBEST30には入っています。
#この「上から目線」的発言をする私は、下衆なおっさんでゲス。ゲスゲスゲス・・・

で、TV見ているときなんかに、たまに妻に
「この人、結構タイプでしょ?」
と聞かれるのですが、90%外れているんですよね。どうもタイプがわかりにくいようです。


そんな中、先日ふとした話の流れで、私がここ数年、BEST1だと思っている女性芸能人は○○だと話したところ、超意外だったようです。

これ、わかる人いないだろうなあ。。。。

あ、わかっても何のメリットもありませんので(^^;)。

#ほら、どうでもいい話だったでしょ?(ブログ運営に資格が必要ならば、きっとその資格を有することが出来ないだろうな、私(^^;))。



[M-1予想、はずれちゃったなあ。。。]の続きを読む
ノンジャンル | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2008/12/21(日) 21:05)

 さっきの記事、ほとんど感想書いてなかったので
そうそう、E-30を店頭でオリンパスの社員さんに色々教わりながらいじった印象を。

・標準ズームを付けた際の大きさ・重さはE-10(E-20)に似ているなあと思い、帰宅後調べてみたら、サイズはちょっと違うけど、重さはほぼ同じでした。

・AFはE-3同等というわけで、速かったです。

・質感も悪くなかったです。

・ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6も置いてあったので、「これも欲しいんですよねえ」という話をしたら、
 「(展示しているE-3の)レンズ、交換しましょうか?」
 といわれたので、
 「自分のE-410につけてみてもいいですか?」
 とお願いしたらOKとのこと。
 E-410とのバランス、非常によかったです。標準ズーム(14-42mmのやつ)と前玉の大きさ意外はほとんど変わらないサイズですね。

・マイクロフォーサーズに関してもちょっと聞いてみたのですが・・・その回答内容に関してはBLOGに書くのはやめておきます(^^;)。

・液晶画面は最近の他社の92万ドットとかのものと比べなければ満足出来るレベルだと思います。

・多重露光も試してみました(Finepix6800Zで使った時以来かな)。
 1枚目を撮影し、2枚目を撮るときに、ディスプレイ上に1枚目の写真がうっすらと表示されており、これはいい仕様だな、と思いました(まあ私にはほとんど必要ない機能ですが)。
 撮影後、1枚目と2枚目(何枚まで重ねることが出来るのかわからないのですが)のそれぞれの濃さを調整可能でした。
 フォトショップなんかでレイヤーの不透明度をいじるような感覚で。


何も持っていない状態からでしたら、レンズキットを購入すれば、とりあえずほとんどの場面をカバー出来ると思います。
まあ店頭でちょっと触っただけの人間の感想なので、参考にはならないでしょうが(^^;)。



E-410ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6を付けて撮影。
このレンズでネコに思いっきり寄って撮影したいなあ。。。


ノンジャンル | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/12/21(日) 00:02)

copyright © 2005 OM-D E-M1 and PEN E-P1ブログ どじょうニョロニョロ(第二部) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア